結婚式・披露宴の豆知識ー結婚資金.com

感謝の気持ちが伝わる!お車代のスマートな渡し方

投稿日:

お車代をお渡すときに感謝の気持ちを伝えるのが一番大切なことです。

では、お車代をどのように渡せば感謝の気持ちが伝わるのでしょうか?

そこで『感謝の気持ちが伝わる!お車代のスマートな渡し方について』まとめてみました。

お車代の包み方や渡し方にもチョットしたコツがあります。


sponsored link

 

□お車代の包み方

 

想像してみてください。

あなたが友だちから誕生日にプレゼントをもらったとします。

もらったのは高級そうなデザインの包装紙に包まれた大きな箱です。

これは高価なプレゼントに違いない...

期待して箱を明けてみると...スカスカ...

そして中に入っていたのは1,000円分の図書カードでした...

外見で期待していただけに、ガッカリしますよね。

また逆に高価なブランド物の財布が新聞紙に包まれて渡されたら...

ありがたみも半減しますよね(笑)

『お車代』を渡す時は『ご祝儀袋』にいれて渡すのが一般的です。

そしてご祝儀袋の選び方にはチョットしたコツがあります。

ご祝儀袋選びのコツをご紹介します。

 

 

◇お車代の金額によってご祝儀袋の種類を決めよう

 

ご祝儀袋はお車代の金額に見合ったものを選ぶ必要があります。

お車代が少額なのに豪華なご祝儀袋に入れて渡してはいけません。

逆に高額なお車代なのに安っぽいご祝儀袋に入っていたらありがたみ半減です。

では、具体的にご祝儀袋の選び方をご紹介します。

 

※お車代が1万円未満(数千円)の場合

 

お車代が1万円未満の場合、お車代は『ポチ袋』に入れて渡しましょう。

『ポチ袋』とはいわゆる『お年だま袋』サイズのものです。

『お年だま袋』といえば子供向けアニメのデザインのイメージがありますが...

探せば大人に渡しても問題ないデザインのものもあります。

 

※お車代が1万円の場合

 

お車代が1万円の場合、お車代はいわゆる『略式のご祝儀袋』に入れて渡しましょう。

『略式のご祝儀袋』とは水引が印刷されたタイプのご祝儀袋です。

またサイズはお札を折らずに、そのまま入れられるサイズのものです。

コンビニや100円ショップには必ず置いてあります。

 

※お車代が2万円以上の場合

 

お車代が2万円以上の場合、お車代は『本物の水引のついたご祝儀袋』に入れて渡しましょう。

お車代が2万円~3万円であれば、コンビニや100円ショップで打っているオーソドックスなデザインのものでOKです。

また4万円以上であれば、水引のデザインが凝ったご祝儀袋でも違和感はありません。

 

□ご祝儀袋の『水引』の種類について

 

ご祝儀袋には必ずついている『水引』。

その『水引』の結び方には主に3パターンあり、使い分けられています。

先ず、『結婚式で使ってはいけない水引』から紹介します。

結婚式で使ってはいけない水引、それは『花結びの水引』です。

『花結びの水引』とは、いわゆる『ちょうちょ結び』の形の水引です。

花結びの水引には『何度繰り返しても嬉しい慶事』の意味があり、出産の時に使われます。

ただ...結婚式は何度も繰り返すとチョット問題ですよね...

そのため、結婚式には『花結びの水引』は不向きとされています。

結婚式で使われる水引は『結びきりの水引』か『あわじ結びの水引』です。

結びきりの水引には、『一度結んだらほどけない』『二度と繰り返さない』の意味があります。

結びきりの水引は結婚式の定番中の定番といえます。

また、あわじ結びの水引には『末長いお付き合い』という意味があります。

これも、結婚式では定番の水引です。

ご祝儀袋を選ぶときには、水引の形にもこだわるようにしましょう!

 

□お車代のスマートな渡し方

 

新郎・新婦の感謝の気持ちを表す『お車代』。

お車代の渡し方には2つのパターンがあります。

お車代の渡し方・ひとつ目の方法は『お車代を受付で渡す!』です。

あらかじめ受付担当にお願いして対象のゲストにお車代を渡してもらいます。

お車代を渡すタイミングは、ゲストの記帳が終った時。

『新郎・新婦からお預かりしています』と言って、コッソリ渡してもらいましょう!

もしゲストがお車代を辞退した場合には魔法の言葉があります!

『新郎・新婦の感謝の気持ちですから...』といってもらうようにしましょう。
お車代の渡し方・ふたつ目の方法は『親から渡す!』です。

特に主賓や会社の上司などには親にお願いするのが良いでしょう!

渡すタイミングは披露宴のご歓談の時間がベストです。

各テーブルへの挨拶する時に対象のゲストにお車代を渡してもらいましょう!

 

□まとめ

 

『感謝の気持ちが伝わる!お車代のスマートな渡し方について』をご紹介しました。

本当に大切なことは、お車代を渡すときに『感謝の言葉』を伝えることです。

受付担当や親からお車代をお渡してもらう時に感謝の言葉を伝えてもらうように念を押しましょう。

別の記事で、お車代は誰にいくら渡せばいいのか?相場はいくらか?についてまとめています!

関連記事:披露宴のゲストへのお車代は誰にいくら渡せばいいの?相場はいくら?

ご参考にしていただければ幸いです。

 

 

-結婚式・披露宴の豆知識ー結婚資金.com
-

Copyright© 結婚資金.com , 2019 All Rights Reserved.