結婚式・披露宴の豆知識ー結婚資金.com

新郎・新婦が披露宴・ウェディングパーティーで飲みすぎないコツ!

投稿日:

ただの飲み会であれば笑って済まされるお酒の飲みすぎ。

しかし披露宴とい大切な舞台では新郎・新婦の飲みすぎは禁物。
実際には結婚式を挙げた多くのカップルがお酒の失敗をしているようです。

とりわけ新郎はゲストから、かわるがわる酌されキャパシティーオーバーになってしまう傾向が強いようです。

そこで新郎・新婦の失敗談と飲み過ぎないようにするためのコツをご紹介します。

これから結婚式挙げる新郎・新婦は必見です!


sponsored link

 

披露宴での新郎・新婦が泥酔は許されない失敗

こんな失態は絶対にNG!

結婚式での花嫁・花婿の飲み過ぎに注意しましょう!

家族や同僚、友人など沢山のゲストに祝福される披露宴。

一世一代の結婚式を楽しく過ごしたいものですよね。

「ステキな結婚式だったね!」

結婚式・披露宴を滞りなく終えて、招待客の皆さんに喜んでもらえること。

これが花嫁・花婿にとって最も重要なことです。

しかしウェディングでは想定外のハプニングもつきものです。

バージンロードでつまずいたり、スピーチでとちったりするのはご愛嬌。

ハプニングも結婚式を盛り上げるスパイスとなります。

必ずしもネガティブなことではありません。

しかし、結婚式・披露宴で笑って見過ごせないハプニングがあります。

それが『新郎・新婦が泥酔してしまうこと』です。

『新郎・新婦が泥酔』は参列者をシラケさせるだけではありません。

新郎・新婦のその後の印象にも関わってしまいます。

具体的には『あの人は酒にダラシナイ人...』といったレッテルを貼られてしまいます。

それでは、結婚式で新郎・新婦が飲み過ぎないようにするためにはどのようにすればいいのでしょうか?

新郎・新婦の失敗談と飲み過ぎないようにするためのコツをご紹介します。

 

お酒にまつわる結婚式の失敗エピソード

一世一代の晴れ舞台である結婚式。

お酒の失敗で台無しにしたくないものですね。

先輩カップル達のお酒にまつわる結婚式の失敗エピソードをまとめてみます。
*新郎が飲みすぎて披露宴の途中で爆睡てしまった
*飲み過ぎで寝てしまった新郎に代わりに新婦が挨拶した。
*式の途中にトイレで離席することが多く式に水を差してしまった。
*飲みすぎで気持ち悪くなり、リバースしてしまった。
*披露宴の途中から記憶が途絶えて全く覚えていない。
*飲み過ぎで二次会を欠席してしまった。
*新郎が急性アルコール中毒になり救急車で運ばれた...

 

普段とは違った雰囲気にのまれてお酒が進んでしまう結婚式。

だからといって、救急車を呼ぶような事態だけは避けたいですね...
お酒にまつわる結婚式の失敗の豆知識をひとつ。

普段お酒が強いと自身を持っている人ほど、逆に過ぎてしまうことが多いようです。

お酒が強い人は要注意です!

 

大注目!結婚式で飲みすぎないためのテクニック

披露宴では避けたい新郎・新婦のお酒の飲みすぎ。

だからといって『お酒を一切飲まない』のも場の雰囲気に水を差してしまいます。

そこで場の雰囲気に水を差さずに飲みすぎないコツをご紹介します。

飲みすぎないコツ①:高砂席の下にバケツを用意する

 

披露宴でのみ過ぎない方法の王道は「高砂席の下にバケツを用意する」ことです。

使い方は簡単。

お酌されたお酒を隙を観てバケツに捨てる。

これだけです。

結婚式では最もポピュラー飲み過ぎ防止のコツです。

結婚式場のスタッフに『高砂の下にバケツをお願いします。』とお願いすれば用意してくれます。

お酌されたお酒は一口つけたら遠慮なくバケツに注ぎましょう!

 

飲みすぎないコツ②:グラスは小まめに片付けてもらう

 

事前に式場のスタッフにグラスは小まめに片付けるようお願いしましょう!

結婚式当日は、専属担当のスタッフが新郎・新婦だけのお世話をしてくれます。

高砂の料理やドリンクの配膳も新郎・新婦の専属担当のスタッフが目を光らせています。

『飲み過ぎ防止のため、お酒の入っているグラスも小まめに片付けてください!』

専属スタッフにそうお願いするだけでOKです。

試してみましょう!

 

飲みすぎないコツ③:グラスには口をつけて酒を飲んだフリをする

 

披露宴は体育会の飲み会とは違うので、注がれた酒を飲み干す必要はありません。

お酌されたらグラスには口をつけて酒を飲んだフリだけをしましょう!

口をつけたグラスをテーブルの上に置けば、式場のスタッフがそっと片付けてくれます。

また、『高砂の下のバケツ』にそっと流し込むのもヨシです。

お酒を胃袋に入れなければ泥酔することはありません!

最も効果的な飲み過ぎ防止のコツかもしれませんね!

 

 

それでも飲み過ぎてしまうアナタのための泥酔防止のコツ

とはいっても披露宴で新郎・新婦はついついお酒を飲みすぎてしまうもの。

そこで飲みすぎても酒に飲まれない・泥酔防止のコツを紹介します。

披露宴 酒は飲んでも 飲まれるな!

 

泥酔防止のコツ①:ウコンを飲む

悪酔いや二日酔い防止に効果的であることで知られるウコン。

披露宴前とお色直しのタイミングでウコンの錠剤やドリンクを飲みましょう!

ウコンは悪酔いの原因物質の分解を促し、肝機能の一時的強化も手助けしてくれます。

披露宴での泥酔防止にウコンを活用しない手はありませんね!

 

泥酔防止のコツ②:お酒を飲む前に、軽く食べる

『空腹状態でお酒を飲むと悪酔いする!』これは定説ですね!

胃袋が空っぽの状態で飲むとアルコールが効率よく体に吸収されてしまいます。

また披露宴が始まると新郎・新婦を料理が食べられないことも良くある話です。

そこで、披露宴前の控え室で軽食を食べることをオススメします。

サンドイッチやチーズだけでもOKです。

是非心がけましょう!

 

泥酔防止のコツ③:体調を万全に整える

 

ギリギリまで準備に追われ結婚式当日は寝不足になることも少なくありません。

体が弱っている状況でお酒を飲むと悪酔いし易くなります。

これは泥酔防止に限った話ではありませんが...

結婚式当日は万全なコンディションで迎えられるよう体調を整えましょう!

健康的な花嫁・花婿は一番魅力的ですよ!

 

まとめ

『新郎・新婦が披露宴・ウェディングパーティーで飲みすぎないコツ!』と題してご紹介しました。

披露宴で新郎・新婦は、どうしてもお酒を勧められることが多くなります。

ゲストは花嫁には手加減してくれますが、花婿には容赦なくお酒を勧めます。

そのような状況の中心がけてほしいことはひとつだけです。

『披露宴では、お酌されたお酒は全て飲む必要はありません!』

このことだけ心がけていれば結婚式で飲みすぎることはありません!

 

-結婚式・披露宴の豆知識ー結婚資金.com
-

Copyright© 結婚資金.com , 2019 All Rights Reserved.