結婚式・披露宴の資金・費用の話ー結婚資金.com

結婚を決心した時の平均的な結婚資金・貯金額と結婚式までに貯めたい目標金額

更新日:

結婚式・披露宴、新居への引越資金、新しい生活をスタートするための家財道具などなど、結婚するためにはある程度まとまったお金が必要になります。

いざ結婚式・披露宴や引越を検討し始めるとお金がいくらあっても足りない…といった感覚に陥ってしまうもの。


そこで結婚資金の平均な貯金額や結婚生活を始めるために目標となる貯金をまとめてみました。


sponsored link

 

□結婚を決心したカップルの平均貯金は?


実際に結婚するカップルがどのくらい貯金をしているのでしょうか?


調べてみると…結婚前の新郎新婦の貯金の平均は2人で約200万円位のようです。


新郎新婦がそれぞれ100万円ずつ貯蓄しているイメージですね。


しかし、貯金がないカップルは結婚できないの??…というとそんなことはありません。


結婚を決めてから一生懸命貯金を始めたカップルや結婚資金がゼロでゴールインしたカップルも沢山います。


愛するパートナーと新しい生活をスターするために、目標金額を設定して貯金することも重要です。


次の記事では先輩カップルが目標金額をいくらに設定していたのかをまとめてみます。

 

□結婚するカップルが目標とする結婚資金・貯金の金額は?

 

では結婚資金はどれくらい貯めればよいのでしょうか?

結婚を決めた男性が目指す貯金額、そして結婚を決めた女性が男性に望む貯蓄額を調べてみました。


すると男性と女性のイメージが大きくかけ離れていることが分かりました。


結婚を決めた男性が目指す貯金額は100万円~300万円をイメージする方が多いようです。


一方女性の方はパートナーの男性に500万円~600万円の蓄えを求める方が多いようです。


女性にとっては理想と現実に大きなギャップなある結果となりました。


ただ、男性のイメージする貯金額は『結婚生活をスタートさせるために必要な金額』、そして女性のイメージする貯金額は『結婚生活を安心して継続させるために必要な金額』と理解するのが良いでしょう!


 

□あなたの貯蓄金額で大丈夫?結婚資金・貯金額のバロメータ


自分達の結婚資金はこれくらい貯まった、でもこの金額で本当に大丈夫なのだろうか?


結婚資金はいくらあっても不安になるものです。


そこで貯金額別に結婚資金がどの様な状況にあるのかをまとめてみました。


貯蓄金額の目標設定する際の参考にしてみてください。

 

◇婚資金・貯金額300万円以上

 

婚資金・貯金が300万円以上あるカップルは何も憂うことがありません!!

多くのカップルが結婚資金の目安にしている金額が300万円です。


300万円の貯金があれば、結婚指輪、結婚式・披露宴、新婚旅行、新居の新婚生活フルコースが問題なく行えます。


ただし、過度の贅沢は禁物!!

300万円は新婚生活フルコースのどれかを贅沢してしまうと資金がショートしてしまう微妙な金額でもあります。

 

◇婚資金・貯金額100万円以上300万円以下


結婚する前の多くのカップルが該当するのが貯蓄金額100万円以上300万円以下の層です。


100万円以上300万円以下の結婚資金では結婚指輪、結婚式・披露宴、新婚旅行、新居の新婚生活フルコースはできますがお金を節約する工夫も必要になります。


シッカリと計画を立てて予算を割り振りましょう。

 

◇婚資金・貯金額100万円以内


100万円以内の結婚資金では結婚指輪、結婚式・披露宴、新婚旅行、新居の新婚生活フルコースの全てを望むことは難しいかもしれません。


カップルで結婚指輪、結婚式・披露宴、新婚旅行、新居のうち何を選び何を我慢するのかシッカリと話し合いましょう!


また、婚資金・貯金額100万円以内の層のカップルは親御さんに結婚資金の援助を受けたという方も多いようです。


親御さんが用意してくれている場合もあるので思い切って相談してみるのも良いかもしれませんね!

更に婚資金・貯金額100万円以内のカップルにオススメの『結婚資金0(ゼロ)円で結婚式・披露宴そ挙げる方法』があります。

 

関連記事:『結婚資金0(ゼロ)円で結婚式・披露宴そ挙げ方法』はコチラ

 

結婚資金の無かった管理人が実践した方法です。

 

是非ご参考にしてみてください!!

 

-結婚式・披露宴の資金・費用の話ー結婚資金.com
-

Copyright© 結婚資金.com , 2019 All Rights Reserved.