結婚式・披露宴節約術:カメラマンの費用を節約する方法

 

結婚式・披露宴の写真やビデオは思い出に残るもの。

ただ写真やビデオの撮影をプロのカメラマンにお願いすると多額のにコストもかかるものです。

このコラムでは先輩新郎新婦が実践したカメラマン費用の節約術をご紹介します!


sponsored link

 

カメラマン費用の相場

 

約80%のカップルは結婚式場専属のカメラマンに撮影を依頼するそうです。

結婚式場専属のカメラマンの相場は1人につき15~20万円。

写真とビデオを記念に残そうとするとカメラマンは2人必要になります。

多くの場合は写真の元データはもらえません。

焼き増しをする場合には1枚あたり数千円の費用を請求されます。

新郎新婦のご両家の集合写真、親戚全員が欲しいと言い出せば目も当てられません(涙)

またビデオ撮影の場合、動画の編集方法により更に費用が増える可能性があります。

もし挙式の当日に撮影した映像を披露宴のエンドロールに使いたいとなると7~15万円お費用が必要になります。

結婚式場にとって写真・ビデオ撮影は打ち出の小槌。

逆に新郎新婦にとって写真・ビデオ撮影は思わぬ出費の原因となるアイテムです。

写真・ビデオ撮影費用を節約するば、リーズナブルな結婚式・披露宴を挙げることができるかもしれませんね!

 

 

 

カメラマンの費用を節約する方法

 

では写真・ビデオ撮影費用をどのようにして節約すればよいのでしょうか?

その答えは『プロのカメラマンには依頼せずに友人にカメラマンをお願いする』です!

新郎新婦の2ショットの記念写真・親族の集合写真は基本料金に含まれている結婚式場は多いようです。

しかし、多くの結婚式場では結婚式・披露宴のスナップ写真・ビデオ撮影はオプション扱いになっています。

新郎新婦の知り合いを探していけば写真を趣味にしている友人・知人は必ずいます。

そんな友人・知人にカメラマンをお願いするれば『待ってました!!』とばかりに快く引き受けてくれるはずです!

また友人に写真・ビデオ撮影をお願いした場合、元データが手に入る。

よって、親戚に焼き増しをお願いされてもコストはプリンターのインク代だけOKです!

更に下世話な話ですが…友人・知人のカメラマンはご祝儀を持ってきてくれます(笑)

仮にお礼金を払ったとしても、新郎新部の持ち出しは最小限に抑えられますね!

友人にカメラマンをお願いする場合の心配ごと、それは写真の質です。

いくら写真・動画撮影が趣味といってもやはりアマチュアカメラマンが多いはず。

やはりプロのカメラマンにはかないません…

でも素人っぽい写真や動画になってしまっても大丈夫!

最近はパソコンで簡単に修正・編集するれば素人でもプロ並みの綺麗な写真にることもできます。

カメラマンが友人ならば、新郎新婦もリラックスしたいい写真・動画が撮れること間違いなしです。

友人・知人に結婚式のカメラマンをお願いし、結婚資金を節約してみてはいかがでしょうか!

 

 

話は変わりますが…

管理人が実践した『結婚資金0(ゼロ)円で結婚式・披露宴そ挙げる方法』をご紹介しています。

関連記事:『結婚資金0(ゼロ)円で結婚式・披露宴そ挙げる方法』はコチラ

結婚資金の無かった管理人が実践した方法です。

是非ご参考にしてみてください!!