結婚式・披露宴節約術:花嫁の衣装代を節約する方法・いかにウエディングドレス・和装代を節約するか!

 

貸衣装なのに数10万!

結婚式・披露宴費用の明細を見て驚くのは『衣装代』です。

特に花嫁の衣装代は拘りだすと青天井!逆に衣装代を安く抑えれば結婚資金を節約できるかも!

このコラムでは結婚式・披露宴の花嫁の衣装代を節約する方法を紹介します。


sponsored link

 

結婚式衣装の相場

 

新婦が結婚式・披露宴の準備で野メインイベントは衣装選びです!

ウェディングドレスにするのか和装にするのかを検討するだけでも楽しいイベントですね!

ただ、この花嫁の衣装代は、結婚式の総費用額が高額になるのか否かを左右する重要なアイテムなんです。

一般的に結婚式場の基本料金に含まれている花嫁の衣装代。

基本料金に含まれている花嫁の衣装代の平均は20万円程度です。

しかし、多くの新婦は基本料金内で納まるドレスには満足いかずアップグレードしてしまいます。

更にお色直しのカラードレスにこだわると30万円、50万円と予算をオーバーしてしまうものです。

ウェディングドレスのコストをいかに抑えるかが結婚式・披露宴の費用を抑えるコツといっても過言ではありません!

ちなみに新郎の結婚式衣装代の相場は5万~10万円。

お色直しの際も新郎の衣装はチーフを変えるなどのマイナーチェンジが中心。

お色直しの相場は数千円程度のようです(笑)

 

 

 

中古のウエディングドレスで結婚資金を節約する!!

 

結婚式・披露宴費用に大きく影響する花嫁の衣装代。

思い切って『花嫁の衣装代』を節約するカップルも多いようです。

具体的には『中古のウエディングドレスを購入する』ことにより節約することができます。

百貨店や貸衣装屋さんでは年に1、2回のペースで『中古ウエディングドレスの即売会』が開催されます。

またネットで『中古 ウエディングドレス 販売』と検索すれば中古ドレスの専門店も見つかります。

中古ドレスは非常に安く、1万円位から手に入れることができます。

『えぇっ!晴れ舞台の結婚式なのに中古のドレス』という声も聞こえてきそうですが、貸衣装だって全て中古品です!

もし気に入った中古のドレスが見つかれば、思い切ってチャレンジする価値アリです!

ただ、この方法には1つ大きな障壁があります。

それは『式場が設定している衣装の持ち込み料』です。

多くの結婚式場では『ウエディングドレスの持ち込み料』が設定されています。

この持ち込み料が高い式場の場合、折角中古のドレスを持ち込んでも節約にならない場合があります…

逆にレストランウェディングの場合などはドレスの持ち込み料が不要な場合もあります。

この方法を検討する場合、先ずは式場に『持ち込み料』を確認しましょう!

 

 

話は変わりますが…

管理人が実践した『結婚資金0(ゼロ)円で結婚式・披露宴そ挙げる方法』をご紹介しています。

関連記事:『結婚資金0(ゼロ)円で結婚式・披露宴そ挙げる方法』はコチラ

結婚資金の無かった管理人が実践した方法です。

是非ご参考にしてみてください!!